>  > 風俗嬢に冗談を言って泣かれるの巻

風俗嬢に冗談を言って泣かれるの巻

昔、冗談を言って風俗嬢に泣かれたことがあって凄い大変だったなぁ。女ってスイッチが入ってしまうと別に大したことないことでも泣き出すから困るよな。「かなりMなんで言葉責めしてくれると嬉しいです」って言うもんだからこっちも調子に乗り過ぎて色々言い過ぎたってのはあるんだけど、何も泣かなくたって良いじゃんね。それで風俗嬢に色々と話を聞いてみたら、本当はMではないらしく、Mキャラは店の指示でやっているってことだったんだ。で事実を知ってしまうと、こちらも同情するしかなく、とにかく平謝り。でも謝りながら「何で俺が謝らなくちゃならないんだ?」とはずっと思ってたけどね。店の人も酷いことするよ。Mじゃない子の演技なんてすぐにバレるのにさ。ややMの子を大げさに誇張するぐらいにとどめておけば良いものを。でこの日は泣き止んだ後、フェラしてもらってそれで終了となっちゃった。まぁ半泣き半笑いの嬢のフェラしてもらうというのは面白い経験だったけどさ。

どこでもいつもで恋人気分

ベッドでトークした後にデリヘル嬢と抱き合いながら濃密なキッスをたっぷりと楽しみ、服を脱ぎながらバスルームに。キッスしながらボディを洗ってもらい、さっぱりしたらベッドイン。ここでもたっぷりと抱き合いながら濃密なキッスを繰り返して、かなりラブラブな感じに。その後は攻め好きなので、たっぷりと攻めまくります。小さくて可愛い乳首をたっぷりと吸い、形の良い綺麗なおっぱいをなめ回してから脇腹から下腹部と舐めていき、おまんこにたどり着きます。おまんこもおっぱいほどじゃないが、そこそこ綺麗。クリトリスを中心に攻めまくります。かなり大きなよがり声(うめき声?)を出してビクビクとボディを動かして感じてくれましたが、残念ながら、いかせられませんでした。女の子が私も攻めたいと言って上になり、キッスから乳首をなめ、テコキ、フェラチオからスマタ、シックスナインでフィニッシュしました。その後バスルームにつかりながら抱き合ってキッスを繰り返し、ホカホカになったところで時間切れ。

[ 2016-06-02 ]

カテゴリ: 風俗体験談