楓やのバニラビーンズ

楓やの
バニラビーンズ

肉厚でしっとりした質感...フローラルで上品な香り...。
世界のバニラ生産量の、たった1割しか流通しない『タヒチ種』のバニラビーンズを栽培・輸入販売しております。
この希少な種を最大限に活かすべく、産地はインドネシア領パプア州に限定。
赤道 最直下、熱帯雨林気候の国。 世界屈指のカカオ産地でもあるパプア州は、“秘境の地”と呼ばれた壮大な自然が根付く肥沃な大地。
まさに最高の環境で栽培された、最高のバニラビ ーンズをお届けします。

タヒチ種へのこだわり

タヒチ種への
こだわり

商業用に使われるバニラはブルボン種とタヒチ種の2品種のみ。
タヒチ種バニラは、より生産が困難なため希少性が高く入手困難です。
莢が太く肉厚、果肉は柔らかくしっとりとした見た目が特徴的です。莢を開くと無数の黒い粒が表れ、タヒチ種特有の花のようなアニスの濃厚な香りが見事なまでに広がります。
その芳醇な香りからフランスやイタリアの一流シェフにも親しまれ、世界的にも需要が高まっています。

国際基準である「Aグレード」の品質にこだわります。Aグレードは長さが14cm以上、真ん中の太さが7mm以上という厳格な基準があり高値で流通されています。
生産地で脱気処理を行い真空状態で輸入しますので、香りの飛びも少なく最高級の品質でお届けいたします。

パプア農園の風景

特徴

低価格の理由

「最高のバニラを、日本にもっと広めたい・・・」
そんな想いから、市場価格よりお値打ちな価格設定を実現しました。
農園との共同栽培・自社ルートでの輸入により、中間業者を介さない大量仕入れが背景にあります。

最高級の自信

見渡す限りの広大なパプアの農園敷地には、良質な土壌と植物があたり一面に広がり、 見たこともないようなスケールの自然に息をのむほどです。 その恵まれた気候と土壌を活かした最高級のバニラは、現地パートナーとの共同栽培だからこそつくられます。 一般的なマダガスカル産と一度比較してみてください。

安心の品質

ワシントン条約により、天然バニラは絶滅のおそれのある野生植物に指定されており輸出入規制の対象となります。 そのため、野生種ではない人工的に繁殖させた旨の証明書及び現地調査を農園に対して行っております。 各種証明書により国の許可を得ておりますのでご安心してお求めください。

品質証明

  • 輸出国インドネシア共和国からの植物検疫証明書
    (Quarantine certificate from republic of indonesia)
  • 製品規格書(Production specification)
  • 輸入食品届出済証
  • Invoice

導入実績

多数の店舗様、企業様にて導入をいただいております一部をご紹介いたします。
国外では、フランス、ドバイ、インドといった多方面にも輸出しております。

よくあるご質問

問題ありません。
これはバニリンというバニラの芳香成分が結晶化したもので品質には問題ありません。

ラップ装包後にジッパー付きビニール袋に入れて冷蔵保存をオススメしております。冷凍保存も長期保存が可能となります。

すべてAグレードとなります。Aグレードの国際基準は、長さが14cm以上、鞘の太さが7mm以上という決まりがあり、 市場では高値で取引がされています。

年間使用量と併せてこちらへメールください。→ office@kyoto-kaedeya.jp

office@kyoto-kaedeya.jp

国際基準である「Aグレード」の品質にこだわります。Aグレードは長さが14cm以上、真ん中の太さが7mm以上という厳格な基準があり高値で流通されています。
生産地で脱気処理を行い真空状態で輸入しますので、香りの飛びも少なく最高級の品質でお届けいたします。